推進協は、全国個室ユニット型施設と厚労省・他組織とのパイプ役として皆様のご意見をお待ちしてます。

設立趣意

一般社団法人全国新型特養推進協議会

平成17年10月1日の介護報酬改定をそのまま施行された場合、全国の新型特養施設は完全に経営不可能であり、 減収はおろか閉鎖に追い込まれる深刻な状態であります。この緊急事態を受け、推進協は厚生労働省の老健局長をはじめ、各部門の担当課長へ様々な働きかけをして参りました。 その交渉の中で介護制度改革本部からより多くの要望を頂戴したいとの依頼を承りましたので平成17年8月19日、緊急に「新型特養緊急全国集会」と銘打った会合を開催いたしました。 15日の呼びかけで「なか3日」という短期間でしたが105施設134名の参加となりました。 都合で参加できなかった施設からも文書や電話での多くの要望が寄せられました。 当日の集会では、満場一致で「全国新型特養推進協議会(推進協)」の設立が可決されました。 このことは、「自分たちの施設は自分で守る」という共通の強い意思の現れであります。 また会長には設立発起人代表の社会福祉法人兼愛会理事長 赤枝雄一(神奈川県)が選ばれました。 この推進協は、他組織と是々非々に対応し、連携できるところは十分に協力し、厚労省と十分に対話を重ね、 情報交換しながら協調関係を築き、全国新型特養施設とのパイプ役としての役割を果たすものであります。 皆様にも是非ご賛同頂き、ともに未来のある全国新型特養の施設運営の実現を目指しましょう。 国が推進する「個室ユニット」の新型特別養護老人ホームの一致団結した団体を目指します 厚生労働省と各施設をつなぐパイプ役を果たします 制度がスタートして間もないため、各施設が持つ悩みや解決方法など、 互いに情報を共有し、効率的で質の高いサービスを目指します。

会長 : 赤枝 雄一 (神奈川県)
【設立年月日】平成17年8月19日

↑ PAGE TOP